0

カートの中に商品はございません

婚約指輪
結婚指輪
オーダーメイド
手作り結婚指輪
猫ジュエリー
ジュエリーリフォーム
ブランド
デザイン
素材
ダイヤモンド
オーダーの手順
デザインストーリー
オンラインショップ
店舗情報
お客様の声とよくある質問
猫アイコン

コラム

普段使いしやすい婚約指輪の選び方と普段使いするメリット

普段使いしやすい婚約指輪の選び方と普段使いするメリット

 

婚約指輪はダイヤモンドの輝く高価な指輪で、一生の宝物になる特別なものです。ですが、この婚約指輪を普段使いできずにほどんどつけるタイミングがなかった!という人も中にはいるようです。

せっかく愛する彼から贈られた特別な指輪なのですから、もっと気軽に普段使いできた方が、つけていられる時間が長くなり嬉しいはずです。

というわけで、今回は普段使いしやすい婚約指輪の選び方のポイントと、普段使いするメリットについて紹介します。

 

 

婚約指輪を普段使いできずにいる女性に理由を聞いてみた

せっかく贈られた念願の婚約指輪ですが、これを普段使いできずに眠らせたままになっているケースは少なくありません。

贈った側の男性の立場で考えても、心を込めて贈ったのに関わらず、女性があまり身につけてくれなかったら少し寂しい気持ちになるのではないでしょうか。それよりも、頻繁に普段使いして身につけてくれている方がよほど嬉しいのが男性側の気持ちです。

では、世の女性たちは一体なぜ、婚約指輪を普段使いできずにいるのでしょう。ここで、その代表的な理由を紹介します。

 

理由①どこかに引っ掛けて破損してしまったら大変!

高価な指輪を破損してしまったら大変です。普段使いしているうちに洋服や髪の毛などに引っ掛けてしまい、大切な指輪が破損してしまったりダイヤモンドが外れてしまったりしたらそのショックは相当なものでしょう。

特に、婚約指輪はダイヤモンドの部分に高さがあるため、結婚指輪と比較しても引っ掛かりやすいのは事実です。気をつけながら身につければ良いと言われればそれまでですが、普段使いするにあたって常に指輪を気にしていると気が休まりません。

このように、婚約指輪を普段使いできないでいる女性の中には、「大切で高価な指輪を破損してしまったり、傷を付けてしまうことを恐れて普段使いできない」でいる人も多いようです。

 

理由②普段のファッションと合わせると浮いてしまう

婚約指輪は普通の一般的なファッションリングなどと比べてとても豪華でラグジュアリーな印象です。それが婚約指輪の特別感でもあります。しかし、その高級感ゆえに、普段使いする際に普段のファッションとの相性が気になってしまうこともよくあります。

例えば、ジーンズにTシャツのようなカジュアルな服装のときには、特に指輪が浮いてしまうように感じるのではないでしょうか。シンプルなファッションリングならどのような服装にもマッチするものの、ゴージャスで高級感のある指輪だとどうしても合わせづらいと感じてしまうのです。

このように、婚約指輪を普段使いするにあたって、「どんな服と合わせれば良いか分からない!」という問題が生まれてしまうこともあります。

 

理由③いつも身に着けるアクセサリーとの相性が微妙

普段からアクセサリーを身につけている女性なら特に、好みのスタイルが既に確立されていることも少なくありません。ファッションの一部にアクセサリーがあると考えている女性は、常にファッションにお気に入りのアクセサリーを取り入れているため、そこに婚約指輪をプラスするのが難しく感じてしまいがちです。

そして、普段使いをしているアクセサリーのラインナップと婚約指輪の相性がいまいちしっくり来ず、使いづらいと感じてしまうこともあるようです。

中でも特に、普段のアクセサリーと婚約指輪の素材が異なる場合は難易度がさらに高くなってしまいます。例えば普段からゴールドばかりを身につけている女性が、プラチナの婚約指輪を普段使いしようとしても、なかなか難しいのが正直なところです。

このように、普段使いしたい気持ちがあっても、普段から使用しているアクセサリーとの合わせ方が分からず上手く使いこなせていない例もあります。

 

 

婚約指輪を普段使いしてくれていない!男性の気持ちは?

一方、婚約指輪を贈った側の男性は、女性があまり指輪をつけてくれていないときにどのように感じるのでしょうか。直接女性に言えない男性の繊細な心の中をここでちらりと覗いてみましょう。

 

男性の本音①もしかして気に入ってくれなかったのかな

男性は女性が思うよりも繊細で、割と細かいことを気にしていることも多いものです。婚約指輪を贈ったのにかかわらず、ほとんどつけてくれていないとなると、「デザインが気に入らなかったのかもしれない」と思う男性は多いです。

それを女性に直接「なんでつけないの?」と聞く男性もいれば、なんとなく聞きづらくて聞けずにいる男性もたくさんいます。逆に、普段からつけてくれていると「よかった!気に入ってくれてるみたいだな」とハッピーな気持ちになるのが男性の心理です。

高価な指輪をプレゼントしても、あまりつけてくれていなければ男性側が心配になるのもわかる気がしますね。

 

男性の本音②そもそもあまり欲しくなかったのかな

男性がプロポーズの際に事前に指輪を選んで準備していたとして、サプライズで贈った場合には特に心配になるのがこの点です。

相手があまり婚約指輪をつけてくれない場合、「婚約指輪はもしかしたらあまり必要なかったのかもしれない・・・」と感じてしまう男性は少なくありません。

確かに、婚約指輪を購入して愛する女性に贈るということは、男性にとっても非常に大きなイベントです。せっかくプレゼントしても、なかなか普段使いしてくれていなければ、指輪自体をその女性が欲しがっていなかったのかもしれないと感じてしまうのも自然です。

 

男性の本音③婚約したことをあまり周りにアピールしたくないのかな

男性の中には、女性があまりにも婚約指輪をつけてくれないことで、「周りに対して婚約したことをあまりアピールしたくない」のかもしれないと心配になる人もいます。

婚約指輪はひと目で婚約していることが伝わる分かりやすいアクセサリーです。誰かが婚約指輪をつけていれば、自然に「婚約したんだね!おめでとう!」と声をかけるでしょう。婚約指輪をつけることは、まさに「婚約しました」という報告を無言ですることなのです。

パートナーの女性が婚約指輪を普段使いしてくれていれば、その姿を見ているだけでも男性は嬉しくなるものです。しかし、逆にほとんど普段使いしてくれていないとなれば、あれこれと要らぬ心配までしてしまう男性もたくさんいることを女性も知っておかなければなりません。

 

 

普段使いしやすい婚約指輪を始めから選ぶメリットは大きい!

婚約指輪を普段使いしない女性にその理由を聞くと、ほとんどのケースが「デザイン的に普段使いしにくい」、「破損しそうで心配」というものです。婚約指輪をもらったこと自体はすごく嬉しくても、なかなか普段使いできない理由がそこにあるのです。

それなら、破損する心配が要らない、普段の服装にも合わせやすい婚約指輪を選んでおけば解決できることになります。普段使いしやすい婚約指輪を始めから意識して選ぶことで、実際に身につけている時間が断然長くなるのであれば、そのメリットは十分にあると言えます。

 

 

普段使いしやすい婚約指輪はこう選ぼう!3つのポイントを紹介

これから婚約指輪を選ぶ段階なら、ぜひ意識していただきたいのがここで紹介する3つのポイントです。

見た目に素敵な婚約指輪を選ぶのはもちろんですが、いかに普段使いしやすいかを意識して選んでおくことがとても重要です。それでは、普段使いしやすい指輪を選ぶ3つのポイントをここで紹介します。

 

ポイント①引っ掛かりにくいデザインを選ぶ

普段使いする指輪で一番気になってしまうのが、洋服などに何度も引っかかってしまうことです。婚約指輪のデザインを選ぶときには、石座と呼ばれるダイヤモンドがはめ込まれている土台の部分に注目しましょう。婚約指輪の定番デザインとも言われるソリティアと呼ばれるデザインを選ぶ際には特に重要です。

ソリティアは一粒のダイヤを石座に乗せ、そのダイヤモンドが目立つように作られたデザインです。石座の高さが高いものほどダイヤモンドの存在感が増しますが、その分引っ掛かりやすくなってしまうデメリットもあります。

普段使いすることを重要視して指輪のデザインを選ぶ際には、石座が高くなりすぎていないものを選ぶことで、引っ掛かりやすさをかなり軽減することができます。

 

ポイント②普段のアクセサリーとの相性を考えて選ぶ

普段のアクセサリーとの相性が合わないためになかなか婚約指輪の普段使いができずにいるケースも多いです。これを防ぐためには、あらかじめ普段身につけているアクセサリーの雰囲気と合わせやすいものをチョイスするのがおすすめです。

例えば、普段ピアスやネックレス、そして指輪においても常にイエローゴールドのものしか身につけていない女性なら、プラチナの婚約指輪は普段使いしにくくなってしまうことが容易に想像できます。婚約指輪を身につけるために、普段のお気に入りアクセサリーが全て使えなくなってしまうのも残念です。

この場合、始めからイエローゴールドの婚約指輪を選んでおくことで、他のアクセサリーとの相性で悩む必要がなくなります。婚約指輪はプラチナが一番人気ではありますが、必ずしもプラチナでなければならない決まりはありません。より使いやすい好みにあったものを選択した方がいいケースも多いです。

 

ポイント③シンプルなデザインでカラットが大きすぎないものを選ぶ

婚約指輪を選ぶ際には、大きなダイヤモンドの方が豪華に見えて魅力的!と感じる女性は多いのではないでしょうか。実際、ダイヤモンドのカラット数が大きくなればなるほど金額も上がり、高級感もUPします。ただ、普段使いのしやすさを重視する場合には、カラット数が大きいものよりも小ぶりのものの方がおすすめです。

もちろん、婚約指輪のデザインをどう選ぶかにも大きく関わってくる点ではありますが、普段使いしやすい指輪という観点で選ぶ際には「大きい方がいい!」という固定観念はなくしてしまった方が良いでしょう。

 

 

幸せ気分が高まる!婚約指輪を普段使いする3つのメリット

婚約指輪はなかなか普段使いできないと思っている人が多いものの、選び方に少し気をつけるだけで気軽に普段使いができるようになるものです。これから婚約指輪を選ぼうという方には、ぜひ普段使いしやすいものを意識して選ぶことをおすすめします。

最後に、婚約指輪を普段使いすることで得られる3つのメリットを紹介します。特別な指輪だからこそ、なるべく多くの場面で気軽に普段使いができれば最高です。

 

メリット①普段のオシャレのレベルがワンランクアップする

婚約指輪を普段使いし始めると、ダイヤモンドの指輪を日頃から頻繁に身につけることになります。初めは少し落ち着かないかもしれませんが、すぐに慣れることができるでしょう。ダイヤモンドの指輪を1つ身につけるだけで、普段の何気ないカジュアルなファッションも大人っぽく素敵に仕上がるので不思議です。

婚約指輪の普段使いは、毎日のコーディネートをいとも簡単にグレードアップしてくれる最強のテクニックとも言えます。積極的に取り入れて、今よりもさらにオシャレな自分を演出しましょう。

 

メリット②意味のこもった特別な指輪を普段からつけることでより幸せ気分に浸れる

婚約指輪は贈られたその瞬間の感動ももちろんですが、贈られた後、身につけるたびに幸せな気持ちになれるのも大きな特徴です。なかなか身につける機会がなければ、幸せな気持ちに浸る回数も当然減ってしまいます。

せっかくなら、婚約指輪は普段から積極的に身につけることで、婚約中にしか味わえないとびきりの幸せ気分を味わうのがおすすめです。

 

メリット③婚約おめでとう!とお祝いの言葉をたくさんかけてもらえる

婚約指輪は身につけているだけで、周囲に婚約の報告ができてしまうメリットもあります。友人とカフェにランチに行くとき、同窓会の集まりがあるとき、さまざまな場面で婚約指輪を身につけましょう。きっと普段使いしているとたくさんの人たちからお祝いの言葉を贈られるでしょう。

なんだか自慢しているようで気が引ける、と感じる女性もいるようですが、職場以外に関してはそれほど気にする必要はありません。婚約は非常におめでたい特別なことです。たくさんの「おめでとう」をもらって、思いっきり幸せ気分に浸りましょう。

 

 

まとめ

婚約指輪はなかなか普段使うことができないと悩んでいる女性が意外にも多いです。しかし、身につける場面に関しては、それほど気をつけることはありません。むしろ積極的に普段使いすることで得られるメリットはたくさんあります。

婚約指輪を贈った側の男性も、女性が頻繁に普段から指輪を身につけてくれているのを見るととても幸せな気持ちになるものです。一生に一度の特別な指輪、もっと気軽に普段使いをして思う存分幸せな気持ちに浸ってみてはいかがでしょうか。

 

猫の宝物では、さまざまなバリエーションで婚約指輪をご用意しています。これから婚約指輪を選ぼうとお考えの方は、ぜひ一度当店に婚約指輪を見に来られてください。

どのように選んでいけば良いか分からないとお悩みの方もご安心ください。当店の婚約指輪・結婚指輪の専門スタッフと一緒に、普段使いのしやすい魅力的なデザインを選びましょう。きっと満足のいく理想の指輪と出会えるはずですよ♪

 

Pagetop