0

カートの中に商品はございません

婚約指輪
結婚指輪
オーダーメイド
手作り結婚指輪
猫ジュエリー
ジュエリーリフォーム
ブランド
デザイン
素材
ダイヤモンド
オーダーの手順
デザインストーリー
オンラインショップ
店舗情報
お客様の声とよくある質問
猫アイコン

コラム

婚約指輪は安いものでもわからない!価格の違いを生み出す基準とは?

婚約指輪は安いものでもわからない!価格の違いを生み出す基準とは?

婚約指輪は給料の3ヶ月分とも言われていて、今後の生活の事を思うと、価格の問題で購入を迷われている方もいるのではないでしょうか。できれば品質が良くて安い婚約指輪を選びたいものですよね?

一体どれぐらいの価格の婚約指輪を選べば相手の女性を傷つけずに済むのか?また、安い婚約指輪を選ぶと相手は分かってしまうものなのか?など気になってしまう方も多いと思います。

 

このコラムでは、婚約指輪の安いものと高いものの違いや、評価基準について詳しく解説していきたいと思います。ぜひ婚約指輪を購入するときの参考にしてください。

 

 

婚約指輪の相場

婚約指輪は、素材や形状、ブランドなどでで全く価格が大きく変わってきます。では、日本人男性は婚約指輪にどのぐらいの金額を使っているのか?婚約指輪の平均相場を見ていきましょう。

 

婚約指輪の平均相場

あまりに安い婚約指輪を購入すると、相手の女性をがっかりさせてしまうし、かえって高過ぎるものを購入すると今後の生活に響いてしまいます。

婚約指輪の平均を調査したところ、現在の相場は約35万円であることがわかりました。全体的に見ると、20万円〜30万円の購入者が最も多く、その次に30万円〜40万円、そして20万円以下と続きます。

こうして見ると、給料1月分ぐらいの金額で購入を検討されている方が多いようです。「婚約指輪の金額は給料の3ヶ月分」なんていうのを聞いたことがあるかもしれませんが、現在ではそこまでお金をかける人も少ないようです。

 

安い婚約指輪を購入する人も増えている

日本人の平均年収が約440万円(2019年)ということもあり、1月手取りでで30万円ほどだと考えられます。なので40万円以上の婚約指輪を購入する人の割合は20%前後となっており、やはり40万円以上ともなると、少し生活に支障がでるという意見が多いようです。

もちろん収入や貯蓄に少し余裕がある人や、婚約指輪は奮発したいと思ってる人も多くいるので、50万以上や100万以上の婚約指輪を購入する人も少なからずいます。

女性から見ても、そこまでの高価なものを購入してしまうとこれからの結婚生活の心配が大きくなってしまうので、あんまり高過ぎると気が引けることもあります。

10万円以上は最低でも予算に組み込んでおけば、相手の女性をがっかりさせるようなことはないでしょう。

 

安い婚約指輪かどうかはパッと見ではわからない

安い婚約指輪を購入する場合、見るからに安く見えてしまって恥ずかしい思いをするのではないかと心配になってしまう人もいるかと思います。しかし、他人の婚約指輪を見て、パッと見で値段がわかる人なんてほとんどいないはずです。

さすがに、物凄い大きなダイヤモンドが付いていれば、高いものだとわかりますが、ダイヤの品質などは、ほとんどの人がパッと見ではわかりません。

つまり、安いものでも高く見えるような素敵なデザインなら、周りから見ても気にならないということです。では、婚約指輪の高いや安いはどのように評価され、値段付けされるのかを勉強していきましょう。

 

 

婚約指輪の価格は何で決まっているのか?安いものと高いものの違いとは?

婚約指輪は安いものも確かにあります。実際、10万円ぐらいの婚約指輪を購入して結婚した人も多くいますし、その逆で100万円以上の人だっています。では、婚約指輪がどのようにして価格を決めているかご存知でしょうか?

リングの素材や形状、ダイヤモンドのサイズや品質、そしてどこのブランドかで値段は大きく変わってきます。それぞれの要素の重要さについて、解説していきます。

 

リングの素材や形状によって高い安いが決まる

婚約指輪のリングは、素材によって2つに種類分けされ、また形状も4つに分類されます。

この種類や形状の違いによって価格も大きく違います。

 

リングの素材は大きく分けて2種類

婚約指輪は大きく分類して、「プラチナ素材」と「ゴールド素材」の2つに分かれます。ゴールド素材の方が安いというのは大体イメージがつくかと思います。クレジットカードなどのランクでも、ゴールドカードよりプラチナカードのほうが上ですよね?

価格の違いで見ると、例えば約10万円ほどのプラチナ素材の婚約指輪があるとするならば、ゴールド素材の婚約指輪は約7万円ほどで売られています。

ではその価格の違いを生み出すポイントは何なのでしょうか?それぞれの特徴や、価格の違いを生み出すポイントについて紹介していきましょう。

 

ゴールド素材

最近では、プラチナ素材より価格が安いゴールド素材の婚約指輪を選ぶ人が増えてきています。特徴として、ゴールド素材は変色に強くて錆びたりしにくく、プラチナ素材よりも日本人の肌との相性が良いとされています。

指輪が手元に馴染みやすいうえに、ピンクゴールドやホワイトゴールドなどの選択肢もあり、ファッションとしても着けやすいです。ただ、非常に素材自体は柔らかいので、他の金属類と混ぜて強度を増しておくことをお勧めします。

出来るだけ安い婚約指輪を購入したい人、もしくはダイヤモンドにお金をかけて、リング素材は安いものでもいいという人には、プラチナ素材よりもゴールド素材がいいでしょう。

 

プラチナ素材

婚約指輪として長年好まれているプラチナ素材です。ゴールド素材にはない、独特の光沢感や色味は高級感が漂い、女性の中には「指輪は絶対プラチナがいい」という人もいるのではないでしょうか。

プラチナ素材は、指輪の素材の中では最も高級なもので、ダイヤモンドとの相性もよく、変色もしにくいので、お手入れも簡単なところが特徴的です。またゴールド素材と同じく、素材自体は柔らかいので、他の金属類と混ぜて強度を増しておく方がいいでしょう。

プラチナ素材は、ゴールド素材に比べて価格は少し上がるので、婚約指輪はせっかくなら安いものではなく、素材からこだわって購入したいと思っている人におすすめです。

 

 

価格の違いを生み出す3つの基準

純度の高さの違い

婚約指輪の価格の違いを生み出す理由として、まずは純度の違いがあります。プラチナジュエリーと呼称するには、85%以上の純度(Pt850)が必要で、ゴールドジュエリーには75%以上の純度(Au750)が必要です。

どちらもその純度を定められ、基準を満たしているか日本ジュエリー協会に認められなくてはなりません。

 

比重の重さの違い

金属にはどれも比重というものがあります。比重とは、ある物質の密度と、基準となる標準の密度との比のことです。プラチナ素材の比重は21.24~21.66なので、つまり1平方cmあたりプラチナ素材はおおよそ21gということです。

ゴールド素材の比重は19.13~19.51なので、1平方cmあたりゴールド素材はおおよそ19gということです。

 

加工賃の違い

価格の違いは、材料費だけではありません。指輪は、熟練した技術者たちが手作業でひとつひとつ作り上げているので、加工にかかる時間や手間がそれぞれ違います。

例えば、指輪は素材を溶かして作られるのですが、それぞれの素材によって溶け始める温度も違うのです。ゴールド素材よりも、プラチナ素材の方が融点に達する温度が約700℃ほどの高さがあり、溶かすだけでも大変さの違いがあることがわかります。

そういった手間と時間には、当然加工賃がかかってくるので、価格の違いを生み出します。

 

 

婚約指輪の4種類の形状の違いで安いか高いかが決まる

婚約指輪は、素材だけでなく形状でも種類分けされます。大きく分類すると4種類に分かれ、値段にも差があります。それぞれの特徴と価格の違いについて見ていきましょう。

 

ソリティア

センターに一粒のダイヤモンドをあしらった、王道の婚約指輪のデザインです。ソリティアの真ん中に一つというシンプルなデザインは、よりダイヤモンドの美しさを引き立たせてくれるので、誰からも長く愛されている人気モデルです。

立て爪のものと爪なしのタイプがあり、立て爪タイプはダイヤモンドが高い位置にあるのでより華やかに見え、爪なしタイプは、控えめで上品な印象です。価格はおおよそ20~30万円程度となっています。

 

メレ

メレは、メレダイヤと呼ばれる小粒のダイヤが、大きめののダイヤモンドの周りにあしらわれたデザインで、より華やかな印象を与えます。

メレダイヤの大きさや組み合わせを変えることによって、印象も大きく変わります。キラキラと華やかなので、20代を中心に若い世代に人気のモデルです。価格はおおよそ20万円前後となっています。

 

 パヴェ

パヴェは、フランス語で石畳という意味があり、リングアームの部分に、小粒のダイヤモンドが敷き詰められたデザインです。パヴェのは、ダイヤモンドを一番多く使用しているデザインなので、非常に華やかで存在感も抜群です。ゴージャスなデザインを好む方におすすめです。価格はおおよそ40万円前後となっています。

 

エタニティ

同一サイズにカットされたダイヤが敷き詰められたリングで、永遠に続く輪をイメージさせることから、エタニティと呼ばれます。

ダイヤモンドがリング一周全部を埋めつくすタイプの「フルエタニティ」と、ダイヤモンドが半周だけ埋めつくされた「ハーフエタニティ」があります。

もちろん一周全部にダイヤモンドを使ったフルエタニティの方が値段も上がります。価格はおおよそ20万円前後となっています。

 

 

ダイヤモンドの評価基準4Cによって安い高いが決まる

婚約指輪の象徴でもあるダイヤモンド。このダイヤモンドには、世界共通の4つの基準があることをご存知ですか?

その基準とは「色(カラー)」、「透明度(クラリティ)」、「重さ(カラット)」、「研磨(カット)」の4つの評価基準があり、それぞれの頭文字をとって4Cと呼ばれています。

この4Cによって、ダイヤモンドは細かくランク付けがされており、そのランクで指輪の価格の違いを生み出しています。それぞれの評価基準について紹介します。

 

色(カラー)

ダイヤモンドは天然の石ですから、無色透明と思われがちですが、実際にはほとんどのダイヤモンドに少しだけ色がついています。

低いカラーグレードだと、ダイヤモンドがやや黄色味を帯びてしまい、白く濁って見えてしまうことがあります。なので、色味が無色透明に近づくほど高級・高品質とされており、黄色になればなるほど希少性は下がります。

 

透明度(クラリティ)

クラリティは、ダイヤモンドの透明度を表します。ダイヤモンドには、傷や不純物が入っていることがありますが、それらの大きさや場所を鑑定して評価が決まります。

やはり、傷や不純物が多いと透明度が下がって輝きも損ないます。なので純度・透明度が高ければ高いほど評価も高くなり、金額もその分上がります。

 

重さ(カラット)

ダイヤモンドの付きのアクセサリーを見ると、何ct(カラット)と記載されているのを見たことがあると思います。あの「カラット」とは、ダイヤモンドの重さを表しています。

1カラット=0.2gで計算され、重くなればなるほど希少価値が上がります。1カラット以上ともなると非常に稀少な原石なので、価格も高額となってきます。

 

研磨(カット)

カットは、ダイヤモンドの形や研磨の状態を表す指標のことです。カットは唯一人間の手が加わる指標なので、卓越した職人技が必要です。

ダイヤモンドのカットには「ブリリアントカット」、「ステップカット」、「ミックス カット」の3種類のカッティング法があり、ダイヤモンドが上下左右対称か、といったことも評価の対象になります。

ダイヤモンドの良さを、職人がどれだけ引き出せるのかによって、価値が変わります。

 

 

ブランドの違いによって安い高いが決まる

婚約指輪には、海外ブランド、国内ブランド、ブライダルリング専門店などがありますが、あなたはどんなブランドの婚約指輪を思い浮かべますか?

婚約指輪は素材や形状などの違いで、価格が高いものと安いものがありますが、ブランドが違うだけでも価格は大きく変わります。それぞれの価格の違いのついて紹介します。

 

海外ブランドの婚約指輪

海外ブランドの婚約指輪に憧れを持っている女性も多いのではないでしょうか。「ハリーウィンストン」、「ティファニー」、「カルティエ」といった有名海外ブランドには、長年世界中から愛されているという信頼度やブランド力があります。

身に着けているだけで格式高い気持ちになれるので、上記のような有名ブランドのものは、価格も高くなります。15%~20%ほどの人が婚約指輪に海外ブランドを選んでいます。

 

国内ブランドの婚約指輪

「スタージュエリー」、[4℃」、「俄(にわか)」など、国内にも素敵なブランドは沢山あります。国内ブランドの婚約指輪の良さは、日本人の好みや、日本人の手元によく馴染むデザインが多く、海外ブランドよりも価格が安いところです。

そして、海外ブランドと同じような品質のものを選んだとしても、国内ブランドのほうが断然安いです。30%~35%ほどの人が婚約指輪に国内ブランドを選んでいます。

 

 

ブライダルリング専門店の婚約指輪

ブライダルリングを専門的に扱うショップも人気が高いです。「アイプリモ」、「ダイヤモンドシライシ」、そしてオーダーメイドブランドの「猫の宝物」などがあります。

ブライダルリング専門店なら、結婚指輪婚約指輪を専門的に扱っているので、自分の好みに合った指輪が見つけやすいです。またオーダーメイドブランドの猫の宝物なら、素材から着け心地、アフターサービスまで、オーダーメイドだからこそ実現する特別感を演出できます。

もちろん価格も、海外ブランドのものより安いので、国内ブランドと同じぐらいの人気があります。30%~35%の人が婚約指輪にブライダルリング専門店を選んでいます。

 

 

まとめ

今回は婚約指輪の価格の安いものと高いものの違いについて紹介させていただきました。素材の違い、形状の違い、ダイヤモンドの違い、ブランドの違いなど、しっかりとした評価基準があって、婚約指輪は値段付けされています。

誰だって高いものを購入するよりも、品質が良くて安いものが欲しいのは当たり前ですよね。どうやって価格の違いが生まれているのかをしっかりと理解したうえで婚約指輪を選べば、自分の納得のいく婚約指輪が見つかるでしょう。

 

猫の宝物では、オーダーメイドの婚約指輪結婚指輪を数多く取り揃えております。オーダーメイド専門店だからこそできる最高の品質は、素材から着け心地、アフターサービスまで充実した内容です。

世界でひとつの指輪を、最愛の人と共にオーダーいただけます。それぞれのお客様に合った指輪選びのお手伝いもさせていただいております。婚約指輪・結婚指輪選びに迷っている方は、ぜひ一度猫の宝物へご相談くださいませ。

 

Pagetop