0

カートの中に商品はございません

婚約指輪
結婚指輪
オーダーメイド
手作り結婚指輪
猫ジュエリー
ジュエリーリフォーム
ブランド
デザイン
素材
ダイヤモンド
オーダーの手順
デザインストーリー
オンラインショップ
店舗情報
お客様の声とよくある質問
猫アイコン

コラム

婚約指輪の相場は?男性の本音は?決め方と傾向についてご紹介します

婚約指輪の相場は?男性の本音は?決め方と傾向についてご紹介します

 

彼女にプロポーズをしたいけれど、婚約指輪の相場はいくらくらいなのか、どのような指輪を贈ればいいのか、分からなくて困っている男性は多いのではないでしょうか。

婚約指輪の相場は「給料の3カ月分」とよく言われていますが、貯金に余裕がなかったり、指輪よりもお金をかけたいことがあったりするという人などもいるでしょう。

 

そこで今回は、婚約指輪の相場に対する男性の本音や決め方と傾向について、婚約した先輩たちに詳しい話を聞きました。

婚約指輪の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

2019年の婚約指輪の相場は?

「ゼクシィ結婚トレンド調査2019(全国推定値)」によると、婚約指輪の平均価格は、35万5000円です。

婚約指輪の相場は、妥当な金額なのでしょうか。また、この相場に対して、男性と女性ではどのような意見があるのでしょうか。

順を追って、詳しくご説明していきたいと思います。

出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2019(全国推定値)」

 

 

婚約指輪の相場が「給料3カ月分」と言われている理由

日本では、婚約指輪の相場は「給料の3カ月分」とよく言われていますが、「給料の3カ月分の価格でなければならない」というような、明確なルールや基準はありません。そのため、なぜ相場が「給料3カ月分」と言われているのか、よく分かっていないという人も多々いるかと思います。

 

婚約指輪の相場が「給料の3カ月分」と言われるようになったのは、戦後の1970年代頃。当時、婚約指輪の概念がまだなかった日本国内で、その文化を広めるために、ダイヤモンドの輸入・販売元の企業が行った「給料の3カ月分の婚約指輪を購入しよう!」というキャンペーンがきかっけです。

1970年代頃の独身男性の平均的な月給は10万円だったため、婚約指輪の相場に合わせて、「給料の3カ月分」と言われるようになったのです。

現在は、当時と比べて経済状況や物価も大幅に変化し、実情に合った相場であるとは到底言えません。しかし、今もなお、「給料の3カ月分」というキーワードだけが強い印象として残り続けているのが実情です。

 

 

婚約指輪の相場に対する男性の意見

「家族婚」や「ナシ婚」など、結婚に関する考え方やカタチが多様化してきている今は、婚約指輪に対する意見も様々なものがあります。

そのような中で、「35万5000円」という相場に対して、男性はどのような思いを抱いているのでしょうか。

男性の意見を、詳しく見ていきましょう。

 

意見①:相場の婚約指輪を購入できるほどの貯金がない(20代・男性)

お恥ずかしい話ですが、35万5000円も婚約指輪にお金をかけられるほど、貯金に余裕がありません。ローンを組めば、相場なりの指輪を買えないことはありませんが、奨学金の返済なども抱えているため、今以上の出費は増やしたくないと思っています。できれば、そこまでお金をかけずに指輪を購入したいというのが本音です。

全ての男性が貯金に余裕があるとは限らない

国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査結果 統計表」によれば、1年を通じて勤務した男性の給与所得者の1人当たりの平均給与は545万円となっています。また、正規、非正規についてみると、正規は560万円、非正規は236万円となっており、勤務形態によって大きな差があることが分かります。

また、社会人になった時点から奨学金の返済をスタートさせている人も多く、全ての男性が貯金に余裕があるとは限らないのが実情です。

 

意見②:結婚後の生活のために節約したい(20代・男性)

授かり婚のため、結婚後すぐに出産を控えています。それまでに、引越しをしたり出産・育児用品などを準備したりしなければならないことを考えると、婚約指輪は買わずに、少しでも節約したいのが本音です。

結婚後もある程度の資金は必要

最近では、授かり婚をするカップルも少なくありません。

また、授かり婚ではなかったとしても、結婚式を行ったり新居を購入するなど、結婚後の生活のために経済的な余裕を残しておきたいと考えるカップルはたくさんいます。

 

意見③:婚約指輪よりも新婚旅行にお金をかけたい(30代・男性)

新婚旅行は、ヨーロッパ周遊を予定しています。一生に一度の記念なので、ちょっとリッチなホテルに宿泊し、好きな物を食べ、優雅なひとときを過ごしたいと思っています。

思い出は、プライスレスです。婚約指輪を買ったつもりで、新婚旅行にお金をかけたいと思っています。

婚約指輪に対する価値観は人それぞれ

婚約指輪に対する価値観は、人それぞれです。お金は湯水の如く湧いてくるわけではありません。

限られた予算の中で、婚約指輪、結婚式、新婚旅行などのバランスを考えることも大切なことです。

 

意見④:プロポーズで大切なのは価格よりも気持ち(30代・男)

プロポーズで大切なのは、価格よりも気持ちだと思っています。

どんなに高級な婚約指輪だったとしても、彼女に喜んでもらえなければ意味がありません。逆に、相場以下だったとしても、彼女が喜んでくれるのであれば、十分に婚約指輪としての役割を果たしていると思います。

大切なのは2人の想い

婚約指輪は、2人の結婚を誓う証です。

だからこそ、2人が付けていて幸せを感じられたり、結婚して良かったと思えたりするものが最適です。 2人で相談し、納得した指輪を選ぶのが一番でしょう。

 

 

婚約指輪の相場に対する女性の意見

「35万5000円」という相場に対して、女性はどのような思いを抱いているのでしょうか。

貰う側の女性の意見も、詳しく見ていきましょう。

 

意見①:彼氏の本気度を確認するために相場に見合った指輪が欲しい(30代・女性)

彼氏が、軽い気持ちでプロポーズするとは思っていません。しかし、どの程度の覚悟を持っているのかを見極めるために、相場の金額はバロメーターになると思います。

彼氏の本気度を確認するためにも、相場なりの指輪が欲しいと思っています。

相場だけで本気度を判断することはできない

指輪の値段だけで、男性側の気持ちを計ることはできません。

同じ値段の指輪だったとしても、受け取っている給与との割合を考えれば、その重さは大きく違ってくるでしょう。 大切なのは、プレゼントする側の想いです。

 

意見②:相場より著しく安い指輪には不安を感じる(20代・女性)

高級な指輪が欲しいと思っているわけではありません。しかし、相場より著しく安いと、不安を感じてしまいます。

「プロポーズを断られるかもしれない」と思ったから、安い指輪にしたの? それとも、「このくらいで大丈夫だろう」と、軽く考えているの? などと、悪い想像をしてしまいます。

安い・高いは目安

相場を基準にした場合、「安い」「高い」は相対的な目安にはなりますが、その金額が気持ちの大きさと比例しているとは限りません。

「結婚指輪と重ね付けすることを前提としている」とか、「日常生活の邪魔にならないようにしたい」などという理由から、値段とは関係なくシンプルなデザインの指輪を選ばれる方もたくさんいらっしゃいます。

 

意見③:納得できる理由があれば相場にはこだわらない(30代・女性)

2人で話し合った上で納得できる理由があれば、婚約指輪の相場にはこだわりません。

私たちは猫の宝物で結婚指輪をフルオーダーメイドしたいと考えていたので、婚約指輪は比較的安価なものを選びました。

また、結婚指輪と重ね付けしたいという希望もあったので、当初から婚約指輪だけの相場を意識するということはありませんでした。

相場を意識していない人も多い

指輪を選ぶ基準は、デザインや用途など様々なケースがありますが、最終的には「自分が好きなデザイン」や「着け心地」などで選ばれます。

もちろん、予算ありきで選ばれる方もたくさんいらっしゃいますが、相場だけを意識して判断しているわけではないようです。

 

意見④:婚約指輪は値段よりも貰うことに意味がある(20代・女性)

婚約指輪は、その値段よりも貰うことに意味があると思っています。

彼氏が、私のことを想って選んでくれた指輪なら、相場なんて関係ありません。

大切なのは2人の想い

婚約指輪選びで大切なのは、お二人の想いです。

値段に関係なく、男性の気持ちが込められているものであれば、喜ばない女性はいないでしょう。

男性お一人で迷われている方には、猫の宝物のスタッフが、女性目線で購入のサポートをさせていただきます。

 

 

婚約指輪はどうやって決めた?

実際に婚約指輪を購入した先輩たちは、どのようにして指輪を決めたのでしょうか?

詳しくご紹介させていただきます。

 

2人で相談して決めた(30代・男性)

婚約指輪は、彼女と2人で相談して決めました。彼女が欲しいと思う指輪をプレゼントしたいと思っていたし、そのためには、実際に本人に選んでもらうのが一番いいと思ったからです。

「世界にひとつだけの婚約指輪が欲しい」という彼女のために、ジュエリー専門店猫の宝物で、婚約指輪をセミオーダーメイドしてもらいました。

満足のいく指輪に仕上がり、本当に良かったです。

 

彼氏に自分の希望を伝えた(20代・女性)

婚約指輪は、映画のように、男性がサプライズでプレゼントしてくれるものだと思っていました。

そのため、自分の希望を正確に伝えるために、専門店にカタログを請求し、欲しい指輪のところに付箋を付け、そのカタログを分かりやすくテーブルの上に置いておくなどして、分かりやすくアピールしました。

 

彼氏が1人で決めた(サプライズ)(20代・女性)

婚約指輪は、彼氏が1人で決めました。

年末年始の旅行中に、彼氏から指輪を差し出され、サプライズでプロポーズされました。

 

 

結婚指輪は2人で購入した?

婚約指輪は、婚約の証として男性から女性に贈るというのが基本的な考え方です。それに伴って、必然的に購入するのは男性と考えるのが一般的でしょう。

しかし、婚約指輪を2人で選ぶカップルも増えてきている今、その購入スタイルも様々な変化を遂げています。

詳しくご紹介させていただきます。

 

彼氏が婚約指輪(女性用のみ)を購入した(20代・女性)

婚約指輪は、彼氏が購入してくれました。

私の指輪のサイズが分からなかったので、ジュエリー専門店猫の宝物に2人で行き、スタッフさんにサイズを選んでもらいました。

一般的な購入スタイル

婚約指輪の一般的な購入スタイルで、最も多いパターンです。

プロポーズのためにサプライズで婚約指輪をプレゼントされる方はもちろん、女性が付ける婚約指輪を2人で一緒に選ばれるカップルも、どちらも女性用のみのご注文で、男性が購入されています。

 

彼氏が2人分(女性用と男性用)の婚約指輪を購入した(20代・女性)

彼氏が、2人分の婚約指輪を購入してくれました。

せっかくの記念だからお揃いにしようと、ペアリングにしてくれました。

最近人気の購入スタイル

様々な働き方が選べるようになり、ビジネスウェアのあり方も多様化している昨今は、指輪を着ける男性もたくさんいらっしゃいます。婚約指輪もペアリングにして、女性用と男性用の2本ともを男性が購入するスタイルも増えています。

猫の宝物では、様々な価格帯の婚約指輪を用意しておりますので、ご予算に応じてペアリングをご提案させていただくことも可能です。

 

2人でお互いに婚約指輪をプレゼントし合った(20代・女性)

2人でお互いに婚約指輪をプレゼントし合いました。婚約したとは言え、結婚式などの具体的な予定はまだ一切決まっていなかったので、結婚指輪の代わりのような感覚で、婚約指輪をお揃いにしました。

彼氏は婚約指輪を2本とも買うつもりのようでしたが、そんなに貯金がないのは分かっていたので、「お互いにプレゼントし合おう」と、私から提案しました。

結婚は、2人のバランスが大切だと思っています。彼氏の負担が大きくなり過ぎないように、これからも助け合っていきたいと思っています。

最近注目されている購入スタイル

婚約指輪をペアリングで付ける習慣が一般化してきた中で、お互いにプレゼントし合うカップルも増えています。

社会における男女平等が進み、女性も男性と同レベル、もしくはそれ以上に収入を得られるようになってきている中で、今後は婚約指輪をお互いにプレゼントし合うというのも新しい風習になっていくのかもしれません。

その一方で、親御さんの中には、「婚約指輪は男性が買うべきもの」と考え、このような新しい流れに対して、理解を得られない方もたくさんいらっしゃいます。

結婚後も両家の円満な家族関係を維持し続けられるように、女性側もお金を支払おうと思っている場合は、念の為、事前に確認しておいた方が安心です。

 

 

それでも決められないという方

婚約指輪は、後から選び直すことができません。

しかし、色々と調べてみたけれど、婚約指輪の相場が分からなかったり、どのような指輪を選べばいいのか分からなかったりする人は多いと思います。

 

 

迷った時や不安な時は専門店で相談を

経済状況は刻々と変化し、トレンドもまたたく間に進化していきます。

また、1人で調べることには限界もあるでしょう。

そのような時には、ジュエリー専門店に相談することをおすすめしています。

正しい相場を知ることは婚約指輪を選ぶ指標になり、間違いのない婚約指輪を選ぶことができると思います。

 

猫の宝物が婚約指輪選びをサポートします!

猫の宝物は、ジュエリー専門店です。店頭には、経験豊富で詳しい知識を持ったスタッフが在中しており、お客様からのご相談をお待ちしております。

事前にご来店のご予約をいただければ、お客様をお待たせすることなく、ご要望やご質問にお応えすることが可能です。

 

婚約指輪で幸せな結婚生活の門出を

婚約指輪は、結婚においてなくてはならないものではありません。

しかし、結婚の約束を「カタチ」として示し、お二人の絆をより一層強いものにしてくれます。

そして、婚約指輪は不変の存在として、お二人のこれからの人生に寄り添い続けてくれることでしょう。

お二人の幸せな結婚の門出を、猫の宝物のスタッフ一同が全力でサポートさせていただきます!

 

Pagetop